そもそも不動産仲介業とは?

不動産業界は、大別すると「開発・分譲業」「流通業」「賃貸業」「管理業」と4つの不動産業態に分かれると言われます。
4つの具体的な内容には、不動産仲介業自社で開発・建築した不動産物件を直接販売する「開発・分譲業」が1つ。
不動産仲介業者である自己が所有する不動産を他者に貸付ける「賃貸業」が1つ。
実際に人が利用している不動産を管理する「管理業」と分かれますが、土地の売買を仲介し売り手買い手の意見を通し商談を成立する事を手掛けるビジネスの主なものは「流通業」で、一般的にはこれを不動産仲介業と呼びます。
この不動産仲介業とは、いわゆる「不動産取引の仲人役」と言われており、不動産物件を売却又は賃貸される方(売主側・貸主側)と購入又は賃借する方(買主側・借主側)双方から依頼を受けて、募集活動から契約・引渡完了までの全ての業務を一人の不動産仲介業の担当者が責任を持って行います。
つまり、不動産の供給側と一般消費者の直接の窓口となって、不動産業界の最前線で、さまざまなニーズを収集してお客に最適な物件情報を提供し、売主側又は貸主側と買主側又は借主側との互いの条件調整を行い、物件契約から引渡しまでを一貫してお世話するのが不動産仲介業者となります。

したがって、不動産仲介業者は不動産取引に関するあらゆる専門知識、不動産価格又は賃料の相場変動、現在流通している不動産物件の把握、その他の地域情報に精通(マ−ケティング能力の発揮)している必要があり、更に最も必要とされるのはお客が安心して決断できるように心地よいアドバイスができる能力(コンサルティング能力の発揮)が必要です。
このように、不動産仲介業に携わる者は不動産取引のプロフェッショナルであり、業界内でも非常に重要なポジションにある仕事を行っていますが、不動産仲介業は、誰かが利用した住宅を別の方が再利用することをお手伝いしますので、限りある資源を有効に活用する「リサイクル・リユ−スビジネス」そのものであり、地球的規模で社会問題となっている環境保全に関しても、充分、社会に貢献しているビジネスであると不動産仲介業者はいえます。
そこでオススメなのが広島 賃貸のアルファーランドと言う不動産なのです。
きっと気に入ると思いますよ。

Copy right(C) 超・不動産仲介情報 All right reserved